ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.07.18 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.08.03 Saturday

GTX670で新生FF14ベンチ(キャラクター編)


ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編が
公開されたので、早速試してみました。グラボはASUSのGTX670-DC2OG-2GD5。


FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編
SCORE:9934
平均フレームレート:87.735
評価:非常に快適
 -非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
画面サイズ: 1920x1080
スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
グラフィック設定のプリセット: 最高品質

ワールド編のベンチマークだとスコアは7700でしたので、2200程アップしました。
これが最適化というやつでしょうか。
フレームレートも87出てますが、手持ちのモニタだと60FPSまでしか対応してません(汗)
そろそろ120Hz対応のゲーミング液晶を買う時期かな。


おまけ

HD解像度・標準品質でやってみました。

某王子「馬鹿な‥俺の戦闘力を超えやがった‥」
2013.07.06 Saturday

GTX670で新生FF14ベンチ

MOBですらワフフちゃんのお手製弁当もらえるのに俺らときたら‥。

βテストはPS3で参加していますが、製品版はWindows版を買うつもりです。
なので発売に備え、PCのグラボを新しく買いました。

買ったのは静音性で評判な DirectCU IIを搭載したASUSのGTX670-DC2OG-2GD5です。
以下はそのベンチマーク結果。


スコア7700超えで評価は非常に快適。お好みの設定でプレイできるとの事です。
今まで使っていたGTX560tiのスコアは4400程度だったのでなかなか強力なグラボですね。

さて静音性ですが、確かに静かです。
フルHD・最高品質・フルスクリーンモードで実行したにも関わらず
グラボのファンの音はほとんど聞こえません。
以前のGTX560tiで同じ設定でベンチを実行すると、ファンの音がかなりはっきり聞こえてきました。
まぁその音を聞いてプレイに支障が出ると思ったので、今回グラボを買い換えたんですけどね。

これならばプレイしている最中も耳障りだということは全く無さそうです。


<追記>
試しにHD解像度でもやってみた。
もはや数値がドラゴンボール状態になった。
>FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編
>SCORE:18807
>平均フレームレート:184.379
>評価:非常に快適
>-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
>Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
>8156.887MB
>NVIDIA GeForce GTX 670(VRAM 4042 MB) 9.18.0013.2049

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2013.06.24 Monday

PS3版新生FF14 βテストフェーズ3 第二回目


F.A.T.E.だ のりこめー^^

PS3版ファイナルファンタジー14新生エオルゼアのβテストフェーズ3の第二回目が終了しました。
とりあえず、また新キャラ作ってグリダニアから始めてみました。
3都市やってみて、一番好きな街はリムサ・ロミンサかな。あの西洋の港街な雰囲気、たまらないです。
戦闘職のジョブもひと通りやりましたが、
プレイしてて一番面白いジョブは弓術士ですね、今のところは。

とりあえず撮り溜めしたスクショを公開。クリックで拡大。
ちなみにjugemのブログに載せる画像サイズは上限300kbという制限があるので
スクリーンショットの画質も泣く泣く落としています。
実際の画面ではもう少し綺麗ですよ。















なかなか面白いゲームなので思わず毎回プレイしてしまいますね。
来週末のβテストが待ち遠しいです。

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
2013.06.18 Tuesday

PS3版新生FF14 βテストフェーズ3 スクリーンショット

 PS3版にはスクリーンショット機能がフェーズ3の段階では実装されていない。
よってスマホのカメラで画面を直撮りしたものである。


みんな大好きミコッテ


野獣と化したルガディン


ドー○くん


ウルダハで見かけた紳士

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
2013.06.18 Tuesday

PS3版新生FF14 βテストフェーズ3 第一回の感想


PS3版ファイナルファンタジー14新生エオルゼアのβテストフェーズ3の日程が終了したので
最終的な感想や気がついた点を箇条書き。
なお、初日の感想はページ下部↓に転載しておきました。

・ログイン画面でパスワードが記録できない不思議仕様。製品版ではリマインドに対応してほしい。
・キャラクタークリエイトのカスタマイズ項目は思っていたより少ないと感じた。
 てっきり白騎士ぐらいカスタマイズ項目があると思っていたのだが。
 まぁ項目が多すぎるとキャラクタークリエイトの時点で面倒になる場合もあるので
 ここは好みがわかれるだろう。ちなみに自分は面倒くさがり屋なので今の仕様で十分。
・戦闘時のダメージ表示がわかりにくい。ダメージは従来のFFのように画面上に数値がポップする方式だが、
 新生FF14の戦闘は非常にスピーディに展開するので、場合によってはこちらの攻撃と
 エネミーの攻撃がほぼ同時に起きる場合もあり、そうなると数字もほぼ同じタイミングで
 ポップしてどちらが与ダメ数値でどちらが被ダメ数値なのかがわかりにくい。
 ポップする数値の色が異なればまだいいのだが、同系色なのが事態を更に悪化させている気がする。
・通常時はそうでもないのだが、F.A.T.E.時の混戦状態だと敵にタゲをあわせにくい。
 システムコンフィグで抜刀時は敵にしかカーソルを合わせなくしたり、
 L1+○ボタンで抜刀時のタゲロックをエネミーのみに変更できたりするのだが、
 それらを駆使してもタゲをあわせにくいと感じる。
 自キャラの一番近いエネミーに自動でタゲが合うオプションがあるだけでもかなり違うと思うのだが。

現時点ではこんなところ。
リムサから始めたりウルダハで新キャラ作ったりβ時にしかできないことを優先してやっていたので
実はレベルは10程度しか進んでいない。序盤の感想がメインになっている。

以下は初日の感想の転載。

斧術士(リムサ・ロミンサ)でスタート。

感じたことを箇条書き。

・運良くβテスト開始時の混雑を避けてログインすることに成功。
・グラフィックは、最近のPS3ゲームと比べるとのっぺりしている印象。
 ただ、多人数を一度に表示するMMOであること、メモリの少ないPS3であることを
 考慮すれば十分健闘しているグラフィックだと思う。
・PS3からはHDMI出力して32型のレグザでプレイしているが、
 画面上のキャラやオブジェクト、文字の表示が小さくて見えにくい部分がある。
 PC版だとそういったことは無いようなので、PS3版の解像度の問題だと思われる。
・クエストの目的地がわかりにくい。リムサ・ロミンサのような階層式マップだとそれが顕著になる。
・街の中では要所に設置されたワープポイントまでワープできる仕様で移動の短縮化を図っているようだが
 特定のフィールドに出るには特定の出口から出ないといけないので、
 どのワープポイントにワープすれば目的の出口に辿り着けるのかがわかりづらい。
 (追記)街の中の全てのワープポイントを開放すれば各々の出口までワープ出来ることを確認。
 フィールドにはワンタッチで出れる方法があってもいいように感じた。
・スプリント(ダッシュ)はスキルとして存在するが、効果時間が限られており、
 リキャスト時間も存在する。
 フィールドはそれでもいいと思うが、街中はスプリント無限でもいいと思うのだが。
・戦闘はやや単調だが、ドラクエ10ほど酷くはない。
 スキルが充実してきたり、PTプレイになるとまた印象も変わるかもしれない。
Powered by
30days Album
PR